市職員名乗る男から電話...「なりすまし」郡山60代女性100万円被害

 

 23日午後、郡山市の60代女性から「男の話を信じ、お金を振り込んでしまった」と郡山北署に110番通報があった。女性は市職員を名乗る男らに指定された口座に約100万円を振り込んでおり、同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、同日午後2時45分ごろ、女性方に市職員を名乗る男から「介護保険料を多く徴収した。払戻金がある」と電話があった。話を信じた女性は金融機関に行き、指定された番号に電話するとコールセンター職員を名乗る男が出たため、指示に従って現金自動預払機(ATM)を操作した。明細書は処分し、通帳記録は明日以降に行うよう言われたが、女性が明細書を確認すると約100万円が振り込まれていたという。