産直サイト「はなマ」オープン! 塙町、ぬかどこ定期便も

 
ぬかどこ定期便で送られるぬかどこや町の野菜

 塙町ふるさと産業おこし連絡協議会は、町の特産品をインターネットで販売する産直ECサイト「はなマ」をオープンした。

 新型コロナウイルスの影響で対面での販売が難しいため、インターネットなどを通じた新しい手法で町の魅力を発信し、町の知名度を高める狙いがある。

 ホームページには町の花であるダリアや町内の貝化石の採掘場でクジラの骨が発見されたことなどが紹介されている。19日からは、自分でぬか漬けを作って楽しむ「はなマのぬかどこ定期便」をスタートさせた。初回にぬかどこと町の野菜を発送、その後は隔週にわたって町の野菜が送られる。

 同協議会事務局があるまち振興課の吉成知温課長(55)は「コロナ禍で農産物が売れなくなったり価格が低迷している。ネットで発信することで販売先の確保や町の農家の支えにつながればうれしい」と町の魅力が全国に広がることを期待した。

 定期便の料金は月額4870円で、ECサイトから注文を受け付ける。URLは(https://www.hanama.jp/)。問い合わせは町まち振興課内の同会(電話0247・43・2112)へ。