蒸気機関車「SL大樹」会津田島駅に登場 地域連携イベント

 
会津田島駅に乗り入れた蒸気機関車「SL大樹」

 日光鬼怒川エリアで活躍する蒸気機関車「SL大樹(C11 325号機)」が23日、南会津町の会津田島駅に初めて"乗り入れ"た。

 東武鉄道と野岩鉄道、会津鉄道、町の第三セクターみなみあいづによる地域連携イベントとして車両が同駅3番線で展示された。SL大樹が煙突から黒い煙を上げ、汽笛を響かせると集まった鉄道ファンが思い思いにカメラのシャッターを切った。

 また、ディーゼル機関車も展示され、訪れた只見町の角田淳紘君(7)は「(SLには)普段味わえない存在感がある。汽笛の音が好き」と漆黒の蒸気機関車に熱い視線を送っていた。