喜多方市 一般会計6383万円を減額補正、12月議会に23議案提出へ

 

 喜多方市の遠藤忠一市長は22日の記者会見で、12月議会に提出する6383万円を減額する一般会計補正予算案など23議案を発表した。

 主な補正は、多世代同居住宅取得支援事業補助金625万円、移住者住宅取得支援事業補助金220万円など。両補助金は当初予定より申し込みが増加したことから、追加計上した。
 新型コロナの影響でイベントを中止や規模を縮小したホストタウン推進経費、鹿児島県で9月に開催予定だったボート競技の全国大会が中止となり、使わなかった旅費計1393万円などを減額した。

 喜多方市議会は22日までに議会運営委員会を開き、12月議会の会期を12月9日までの15日間と内定した。

 一般質問は11月29日~12月2日。登壇議員次の通り。

 29日=山口和男(和同の会)斎藤仁一(創造喜多方)、山口文章、小島雄一(新良致会)▽30日=佐原正秀、渡部一樹(高和会)小沢誠、矢吹哲哉(共産)▽12月1日=上野利一郎(新良致会)菊地とも子(公明会)十二村秀孝(新良致会)蛭川靖弘(和同の会)▽同2日=伊藤弘明(新良致会)田中雅人、渡部勇一(結いの会)