新年を豪華に彩る!蒔絵年賀はがき作り最盛期 若松・関漆器店

 
最盛期を迎えている蒔絵年賀はがき作り=会津若松市

 会津若松市にある関漆器店の工房で、蒔絵(まきえ)の伝統技法を使った年賀はがき作りが最盛期を迎えている。

 シルクスクリーンという技法で7、8回漆を重ね塗りし、工程ごとに乾く寸前に金粉をまぶして金色に輝く「蒔絵年賀はがき」に仕上げる。額に入れて部屋に飾るなど、鑑賞用に買い求めるファンも多いという。

 定番の縁起物のほか、来年の干支(えと)である寅(とら)にちなんだ「竹に虎」や「干支宝尽くし」など5種類を販売している。価格は1枚660~990円。問い合わせは関漆器店(電話0242・25・0151)へ。