回転ずしチェーンうまか亭、二本松に出店 地鎮祭、22年5月開店へ

 
うまか亭二本松店の完成予想図

 回転ずしチェーンうまか亭の二本松店(仮称)が福島県二本松市冠木の大型商業施設、メガステージ二本松に出店する。10日、現地で地鎮祭が行われた。来年5月の大型連休中の開店を目指しており、関係者が工事の安全を祈った。

 うまか亭は、本格的なすしを手軽に味わってもらいたいと、活魚など新鮮な魚介類にこだわり、ホリエ商事(福島市)が県北地方で展開している。二本松店は、グループ会社ホリエフーズ(同)が初めて手掛けるスーパー回転ずし店となる。

 約676平方メートルの敷地に木造平屋の店舗を建設。延べ床面積は約276平方メートル。カウンターやボックス席、最大約20人収容の宴会場になる和室の計約70席を設ける。職人が注文を受けるほか、タッチパネルやオートウエーター方式を採用するなど感染対策を講じる。地鎮祭では、ホリエ商事の堀江稔社長、ホリエフーズの堀江康仁社長がくわ入れした。施設を運営するアクティブワン(白河市)の鈴木俊雄社長らが玉串をささげた。