なりすまし詐欺、郡山の80代女性100万円被害

 

 10日午後7時30分ごろ、郡山市の80代女性の家族から「キャッシュカードと通帳を渡してしまった」などと郡山署に通報があった。女性の口座からは少なくとも現金100万円が引き出されており、同署が「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、女性は同日午後1時ごろ、百貨店従業員を名乗る男から「あなた名義のカードで買い物をしようとしている人がいる」などと電話を受けた。その後、全国銀行協会の職員を名乗る男から「あなたの口座が悪用されている可能性があるので職員を行かせる」と再び電話があった。

 女性は自宅を訪れた同協会を名乗る男の指示を受け、用意された封筒にキャッシュカード4枚を入れ、封印のためのはんこを用意していた際に封筒の中身をすり替えられた。その後、再び訪れた男に通帳3通を渡したという。

 帰宅した家族が話を聞いて不審に思い、同署に通報した。