親子で野球の基礎学ぶ 東京五輪レガシー創出へ、楽天コーチ指導

 
投球や捕球の基礎を学ぶ参加者ら

 県は12日、相馬市の相馬光陽ソフトボール場などでプロ野球楽天のアカデミーコーチを招いた親子野球教室を開き、参加者が野球の基礎を学んだ。

 「ふくしま野球・ソフトボールドリームbeyond2020ボールパークピクニック!」と銘打ち、東京五輪の野球・ソフトボール競技が開催された本県からのレガシー(遺産)創出を目的に開催した。

 小学生低学年までの子どもと保護者計約100人が参加。楽天アカデミーコーチの石田隆司さんと坂下達徳さんが講師を務めた。

 子どもたちは、投球や捕球の基本的な動作を学び、保護者らと練習を重ねた。

 会場では東北ゴールデンエンジェルスとジュニアチアリーダーズ郡山校によるダンスパフォーマンスも行われた。