いわきの生活歴史百科 近代史研究の小宅幸一さん 新刊本を発刊

 
新刊を手にする小宅幸一さん

 いわき市の近現代史を研究する小宅幸一さん(69)は、同市の生活に関する記録をまとめた歴史百科「いわき発・歳月からの伝言2・か」(歴史春秋社)を発刊した。昨年発刊した第1巻「あ~お」に続く2巻目で、小宅さんは「いわきの感染症の歴史など、タイムリーな話題を加えた」と話した。

 五十音順にテーマを選び、第2巻の「か」には「感染症」のほか「海水浴」や「学校給食」など24項目を収録している。当時の写真約500枚や図を使い、親しみやすさと読みやすさにこだわったという。小宅さんは「単なる昔物語ではなく、今につながる物語として読んでほしい」と話した。

 第2巻は全238ページで500部作製した。1冊3300円で市内の書店で販売している。