木戸川産サケPR、いくら祭り 12月17日からいわき、楢葉の10店

 
参加店舗の一つ、gohoubiで提供される「木戸川のミニいくら丼」

 いわき市と楢葉町の飲食店は17、18の両日、木戸川産サケから取れたイクラを使った料理を提供する「浜通り! 木戸川いくら祭り」を開く。計10店舗で、2日間限りのメニューを数量限定で提供する。

 復興飲食店街「夜明け市場」を運営する夜明け市場が、木戸川産サケの魅力をPRするため昨年に続き企画した。今年のサケ漁が不漁の中、木戸川漁協の協力を受けて開催する。いくら丼などの限定メニューを各店が考案。数量限定のため売り切れ次第終了となる。

 期間中、JRいわき駅前の映画館「まちポレいわき」脇で、各日100食限定の「木戸川鮭(さけ)だし鍋」の振る舞いも行う。

参加店

 魚菜亭、ブラッスリーラギッド、gohoubi、MONDO(いわき市平・夜明け市場内)HAGIフランス料理店(同市内郷)NISHI′s KITCHEN(同市・鹿島ショッピングセンターエブリア内)La Stanza(同市平)ダイニングキッチン月海(同市植田町)レッド&ブルーカフェ(同市常磐・いわきFCパーク内)Fusion(楢葉町・ここなら笑店街内)