尚志高サッカー部「目標は全国選手権制覇」 郡山市長に活躍誓う

 
表敬訪問した(左から)仲村監督、アンリ選手、松本主将、草野選手、倉又校長

 第100回全国高校サッカー選手権大会県大会で優勝した尚志高サッカー部は14日、郡山市役所に品川萬里市長を表敬訪問し、本県代表として出場する全国大会での活躍を誓った。

 訪問したのは、倉又晴男校長、仲村浩二監督、松本勇斗主将(FW)、チェイス・アンリ選手(DF)、草野太貴選手(MF)の5人。松本主将は「チームの目標である全国制覇をできるように頑張りたい」、チェイス選手は「自分たちのパスサッカーを全国で出したい」、草野選手は「県代表のプライドを胸に優勝したい」とそれぞれ目標を語った。

 品川市長は「自己ベストを目指してほしい。そして、結果として成績につながるよう健闘を祈っている」とエールを送った。席上、激励金として品川市長が倉又校長に目録を手渡した。今後、市から部活動後援会へ100万円を交付する。