爆発事故で550万円の賠償請求議案を可決 郡山市議会

 

 郡山市の飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で昨年7月に起きた爆発事故を巡り、市議会は17日の12月定例会で、市が同店に関係する6社に約550万円の損害賠償を求める議案を可決した。市は来週にも弁護士と契約を結び、提訴の準備を進める。

 市が賠償を求めているのは災害見舞金約130万円、爆発現場周辺の市道清掃経費約130万円、避難所運営などの経費約100万円、税減免約80万円、災害ごみ回収経費約70万円など。市担当者は「裁判所の手続きに基づいて、速やかに訴状を提出したい」とした。