福島市、12月20日から接種証明書発行 新型コロナ、電子版と紙版

 

 福島市は20日から、新型コロナウイルスワクチン接種証明書の電子版と紙版の発行を始める。「国内用」と「海外用・及び国内用」の2種類。電子版はマイナンバーカード所持者が対象でスマートフォンの専用アプリ(政府公式)から申請する。紙版は市役所市民課の窓口で本人確認の書類を提示し申請する。

 留意点として「接種記録が記載された接種券」「接種券紛失などの場合に交付している接種済証」「3回目接種案内通知に同封した接種済証」も接種証明書として国内利用は可能なため、すでに持っている場合は新規発行は不要となる。従来の海外渡航向けの証明書としては電子版が利用できるようになる。

 市は11月からワクチンの接種記録確認のお知らせを送付しているが、接種機関の入力ミスでロット番号や会場名、日付などで約4300件の誤りがあった。市は「接種記録は証明書発行の基礎なので、間違いがないか確認してほしい」とした。誤りがあった場合はコールセンター(電話050・5577・2804)へ。