松川浦漁港に冬の味覚...ズワイガニ今季初水揚げ

 
水揚げされ、競りにかけられるズワイガニ=17日午前、相馬市・相馬原釜地方卸売市場

 相馬市の松川浦漁港で17日、冬の味覚ズワイガニが今季初水揚げされた。県内外に流通する。漁期は来年3月までの予定で、週1回程度の漁を行う。

 ズワイガニ漁は、試験操業終了後初めて。底引き船9隻が出漁し、オス1.7トン、メス0.7トンの計2.4トンを水揚げ、昨季初日の1.6トンを上回った。水揚げされたカニは大きさごとに仕分けられ、仲買人による競りで市場は活気づいた。

 1キロ当たりの価格は高値でオス約4300円、メス2200円と、昨季よりも高い水準で取引された。相馬双葉漁協によると、価格には日本海側での不漁が影響しているという。

 近年、海水温の上昇が原因とみられる全国的なズワイガニの資源量減少が続いており、相馬双葉漁協でも漁獲量を制限するなどして漁を続けている。今季は1航海当たりの漁獲量の上限を1隻当たり500キロに設定している。