郡山消防本部、12月18日から立ち入り検査へ 大阪ビル火災受け

 

 大阪・北新地の雑居ビル火災を受け、郡山地方消防本部などは18日から、管内の類似建物20件程度を対象に立ち入り検査を行う。会津若松消防署も20日から3階以上の建物への立ち入り検査を実施し、23日までに会津若松市内の5カ所で避難経路や消防設備を確認する。

 県は17日、県内の各消防本部に注意を促す文書を通達した。文書ではビル所有者や入居者に対し、火の取り扱いや避難経路の確保について助言や指導をするよう依頼した。福島や須賀川などの各消防本部も立ち入り検査を検討している。