福島・茂庭で積雪36センチ、檜枝岐は69センチ 県内交通に乱れ

 
福島市では気温が氷点下となり、道路にも雪が積もった=18日午前8時10分ごろ、JR福島駅前

 18日の県内は強い冬型の気圧配置の影響で、会津と中通りの山沿いを中心に積雪があった。降雪に加えて風も強く、県内全域で風雪注意報が出された。福島地方気象台によると、福島市茂庭では最大36センチの積雪を観測。このほか檜枝岐村で69センチ、只見町で36センチ、会津若松市で4センチ、白河市で2センチの積雪があった。

 19日は寒気や低気圧の影響で中通りや浜通りは曇りや晴れで、雪の降る所がある。会津は曇りや雪の見込み。

          ◇

 雪の影響で、県内の高速道では18日、事故や通行止めが相次いだ。

 会津坂下町の磐越道では午前8時20分、軽自動車が雪によるスリップで中央分離帯に衝突する物損事故が発生。事故の影響で磐越道西会津―会津坂下インターチェンジ(IC)間上り線が1時間45分にわたり通行止めとなった。

 また東北道福島飯坂―白石IC間上下線と東北中央道の一部区間は、吹雪による視界不良で一時通行止めとなった。