65歳以上への3回目ワクチン、4地区で集団接種へ 会津若松市

 

 会津若松市は65歳以上への新型コロナウイルスワクチンの3回目接種で、湊、大戸、河東、北会津の4地区で日時、場所を指定した集団接種を行う。

 会場は湊公民館、大戸小、河東農村環境改善センター、北会津農村環境改善センター。個別接種は65歳以上、64歳以下ともに市内の医療機関約35施設で実施する予定。64歳以下の集団接種は鶴ケ城体育館などで行う方向で調整している。

 予約は65歳以上も含め、オンラインと専用ダイヤルで受け付ける。市はスマートシティアイクトなど市内数カ所に、スマートフォンの操作に不慣れな高齢者らのオンライン予約を支援する窓口を設けることを検討している。

3回目接種に9000万円

 会津若松市議会は17日、12月議会最終本会議を開き、追加提出された18億4300万円の本年度一般会計補正予算案など45議案を原案通り可決し、閉会した。

 追加提出分の主な補正は、18歳以下への現金10万円の給付に17億5300万円、新型コロナウイルスの3回目接種に9000万円など。

 市は10万円給付の対象者を1万7500人と見込んでいる。