警察官気分!鑑識作業の指紋検出挑戦 福島県警ポリスセミナー

 
鑑識作業を体験する参加者

 県警は18日、福島市の県警本部で警察官の仕事を紹介する「ポリスセミナー」を開いた。参加者が鑑識作業やサイバー犯罪捜査などを体験した。

 警察の仕事に興味を持ってもらい、将来の進路選択の参考にしてもらおうと企画。約145人が参加した。

 鑑識作業体験では、担当者が指紋採取のポイントなどを解説。参加者は実際の道具を使い、指紋検出に挑戦した。

 このほか、県警音楽隊の演奏を聴いたり、制服を試着したりした。

 パトカーや白バイの試乗も人気を集め、参加者が警察官気分を味わっていた。安斎歩希(いぶき)さん(白河旭高2年)は「白バイに乗る女性警察官に憧れて参加した。体験できて良かった」と笑顔を見せた。