処理水と風評被害対策テーマ 福島医学会、シンポで専門家講演

 
総合討論に臨む(左から)五十嵐教授、田内教授、田巻教授

 福島医学会は19日、「ALPS処理水と風評被害」と題した学術研究集会シンポジウムを福島市で開いた。東京電力福島第1原発で発生する処理水の海洋放出方針を巡り、求められる風評被害対策などについて専門家が講演した。

 福島医学会は、学外から講師を招いてさまざまなテーマでシンポジウムを開いており、今回は放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出方針と、その風評対策をテーマに設定した。筑波大人文社会系の五十嵐泰正教授と、茨城大理工学研究科の田内広教授が講演した。

 五十嵐教授は海洋放出に伴う風評対策について「国の風評対策に、従来の『科学的理解の醸成』だけでなく『生産・加工・流通・消費対策』が両輪として盛り込まれたことは評価できる」と指摘。一方で「外交問題化すると状況が悪化してしまう可能性があるので、これを回避すべく取り組むことが重要だ」と述べた。

 田内教授はトリチウムの科学的な性質を説明した。福島医大健康リスクコミュニケーション学講座の田巻倫明教授も加わり、3人で総合討論に臨んだ。