猪苗代スキー場、山頂に眺望テラス整備へ 通年誘客で観光再興

 

 猪苗代町と、観光事業を手掛けるDMCaizu(ディーエムシーアイヅ、猪苗代町)が協力して、猪苗代スキー場のある赤埴山(あかはにやま)に、猪苗代湖を見下ろし磐梯朝日国立公園の自然を楽しめる観光施設「会津テラス(仮称)」の整備を計画していることが20日、分かった。風光明媚(めいび)な会津を前面に押し出し、四季を通して客を呼び込み、落ち込んだ観光の再興を図る。

 猪苗代スキー場はDMCaizuが運営している。計画では、コースのてっぺん付近に位置する赤埴山の山頂に、1年中利用可能なレストハウスとして会津テラスを整備する。スキー場のリフトのほかに、新たにゴンドラリフトを設置して、スキー場入り口付近から会津テラスまでをつなぐ。麓には宿泊施設の建設も検討している。

 宿泊は地元産業の柱の一つであるため、DMCaizuの遠藤昭二社長(猪苗代町出身)は「地元と競合しないようにしていきたい」としている。

 会津テラス計画は、風景を楽しんでもらうことだけにとどまらず、東日本大震災からの復興・再生を目的の一つと位置付けている。本県の復興の歩みを知ってもらうパネル展示のほか、環境教育、沼ノ平湿原の再生、主要電力には再生可能エネルギーを使用するなど、さまざまな取り組みを進めていく方針。

 赤埴山のある磐梯山周辺は、猪苗代、磐梯、北塩原の3町村にまたがる「磐梯山ジオパーク」や慧日寺(えにちじ)跡に代表される仏教文化など観光資源が豊富。猪苗代町は各自治体と連携した取り組みで、相乗効果も生み出したい考えだ。

 ただ、会津テラスの計画地が磐梯朝日国立公園内にあるため、開発には国の許認可が必要となる。前後公町長は「現段階では構想。許認可を得てスタートしたい」としており、事業着手の具体的な時期は未定としている。

 眺望が楽しめる観光施設として滋賀県に琵琶湖を見下ろせるびわ湖テラスがあり、会津テラスはびわ湖テラスをモデルにしている。