JA全国交通安全ポスター、尚英中・遠藤優心さんに文科大臣賞

 
文部科学大臣賞に輝いた遠藤さんの作品

 JA共済連は21日、本年度のJA共済全国小・中学生書道・交通安全ポスターコンクールの入賞者を発表し、本県から交通安全ポスターで大賞の一つの文部科学大臣賞に遠藤優心(ゆうみ)さん(尚英中2年)が輝いた。

 全国から書道約101万4千点、ポスター約10万4千点の応募があり、書道は大賞16点を含む266点、ポスターは大賞12点を含む135点を入賞に決めた。

 本県の入賞者次の通り。

 【書道】◇条幅の部 ▽JA共済連会長賞・金賞=斎藤ゆうあ(川俣中)▽同・銅賞=佐藤宗信(みさか小)
 ◇半紙の部 ▽JA共済連会長賞・佳作=高橋沙英(芳山小)脇坂心捺(南郷小)加藤愛菜(磐崎小)
 【交通安全ポスター】▽文部科学大臣賞=遠藤優心(尚英中)▽JA共済連会長賞・銅賞=柳沼結音(須賀川一中)▽同・佳作=小野智章(平三小)

 反射材の効果表現

211222news402-2.jpg 遠藤優心さん(写真) 受賞できるとは思っていなかったので、初めは驚いたが、うれしかった。少しでも交通事故を減らすためにはどうしたら良いかと考えた時、反射材が思いついたのでポスターにした。特に夜の反射材は大切で、命を守るために必要なものだと思い、その効果を表現した。