花園で活躍誓う 磐城高ラグビー部・上遠野主将らが市長表敬

 
花園での活躍を誓う上遠野主将(前列左から2人目)小田桐副主将(同3人目)

 第101回全国高校ラグビー大会に本県代表として出場する磐城高ラグビー部の上遠野晶太主将(3年)らは20日、いわき市役所を訪れ、内田広之市長に花園での活躍を誓った。

 上遠野主将は「まず2勝が目標。大阪で年を越したい」と力強く語り、小田桐祭副主将(3年)は「力を存分に発揮してきたい」と意気込んだ。内田市長は「花園で(磐城高のジャージーの色である)コバルトブルー旋風を巻き起こしてほしい」と激励した。吉田強栄校長、佐藤芳弘監督が同行した。

 磐城高は28日の1回戦で高鍋(宮崎)と対戦する。