福島県の電子食事券販売再開 利用は22年2月28日まで

 

 県は22日、新型コロナウイルス感染防止対策を講じている飲食店「ふくしま感染防止対策認定店」で使える電子食事券の販売を再開した。2億円分を追加し、利用期限は来年2月28日まで。

 電子食事券は購入額に30%が上乗せされる仕組み。5000円(6500円分)、1万円(1万3000円分)、2万円(2万6000円分)の3種類を事前に購入し、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い飲食店で電子決済する。21日現在、2920店舗で使えるという。

 電子食事券は、当初予定していた販売数量に達したため一時販売を見合わせていた。問い合わせはオールふくしま食べて応援キャンペーン事務局(電話0570・041・067、平日午前10時~午後6時)へ。