福島出身・若元春新入幕、兄弟幕内力士誕生 大相撲、史上12組目

 

 日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月9日初日・両国国技会)の新番付を発表し、先場所で11勝を上げた若元春(福島市出身)が東前頭15枚目となり、新入幕を果たした。弟の若隆景(同)とともに史上12組目の兄弟幕内が誕生した。若隆景は東前頭筆頭として、三役復帰を目指す。

 若元春は西十両筆頭で臨んだ九州場所で11勝4敗をマークし、新入幕を確実にしていた。