新型コロナ、福島県内10人感染 「オミクロンの可能性低い」

 

 県は24日、県内で新たに10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。23日に陽性と判明した。県内で10人以上の感染が確認されたのは9月22日以来、約3カ月ぶり。県衛生研究所でゲノム解析を進めているが、10人の検体全てでデルタ株の可能性が高い「L452R」変異が確認されており、県は「オミクロン株の可能性は低い」としている。

 県内で新規感染者が確認されたのは9日ぶりで、県内の感染確認は延べ9505人となった。感染者の内訳は、会津若松市の10歳未満~50代の男女9人と、鏡石町の40代男性。現時点で3人の感染経路が分かっていない。

 会津若松市の9人のうち8人は家族で家庭内感染とみられる。10人のうちワクチン接種は、1人が1回目を済ませただけで、他は未接種だったという。県は「接種する機会がある人は接種してほしい」と呼び掛けている。

 県は23日、確保病床をこれまでの709床から728床に拡大。新たに感染が確認された10人が入院中で、同日現在の病床使用率は1.4%となっている。

■福島県内の新型コロナウイルス発生状況