ボールプールや砂場に笑顔 郡山・ペップキッズで2年ぶり再開

 
約2年ぶりに再開したボールプールで遊ぶ子どもたち

 郡山市で23日にオープン10周年を迎えた屋内遊び場「ペップキッズこおりやま」では、新型コロナウイルス感染対策のため利用を中止していたボールプールや砂場が約2年ぶりに再開した。訪れた家族連れが多彩な遊具を使って元気いっぱいに遊び回った。

 同施設では一部エリアの再開のほか、県内の感染状況などを踏まえ、1クール75分間に30組を受け入れる体制から、50組までに増員した。1日3クールで運営し、合間には遊具の清掃や消毒作業など感染対策を徹底する。

 小坂歩さん(34)は、長男の幸史朗ちゃん(2)と再開した砂場で遊んだ。小坂さんは「新型コロナウイルスが感染拡大している時、人数を制限していて、安心して遊べる所がペップキッズだった。感染状況を見ながら、これからも利用したい」と語った。

 同施設を運営する認定NPO法人郡山ペップ子育てネットワークは、10周年を記念して特設ホームページ(http://pep-kids-koriyama.com/10th/)を開設した。施設の開設に携わった関係者のインタビュー記事や、幼稚園児や保護者を対象に行ったアンケートなどを紹介している。