福島県アドバイザー・金光氏「早めに受診を」 県内10人感染受け

 

 県内で約3カ月ぶりに10人の新型コロナウイルス感染が確認されたことを受け、県アドバイザーの金光敬二福島医大教授は24日に開かれた県感染症対策本部員会議で「発熱や呼吸器症状があったら、必ず早めに受診してほしい」と述べ、県民に改めて感染防止対策の徹底を求めた。

 23日に陽性と判明した10人のうち、1人は15日、3人は17日に発症していた。内堀雅雄知事も「再拡大につながりかねない状況」と危機感を示し「安全に年末年始を過ごすためにも基本的な感染対策を徹底してほしい」と呼び掛けた。