コイのイタリア料理に挑戦 鯉に恋する郡山プロジェクトの教室

 
指導を受けながらコイをミンチ状にさばく学生ら

 コイの食文化普及を図ろうと、郡山市と県南鯉養殖漁業協同組合が進める「鯉に恋する郡山プロジェクト」の料理教室「どっ鯉キッチン」は22日、郡山市の国際ビューティ&フード大学校で開かれ、学生たちがコイを使ったイタリア料理に挑戦した。

 同市のイタリア料理店のシェフ関一さんが講師を務め、料理人を目指すフード科とパティシエ科の1、2年生計16人が受講した。

 メニューは、コイのマリネと、コイの肉団子が入ったトマトソーススパゲティの2品。学生たちは関さんの指導でコイをさばいたり、オリーブオイルやバルサミコで味付けしたりして新メニューを完成させた。調理後は学生たちが味わい、コイの魅力を堪能した。