猪苗代湖3人死傷ボート事故、12月27日福島地裁で初公判

 

 会津若松市の猪苗代湖で昨年9月、男児ら3人がプレジャーボートのスクリューに巻き込まれて死傷した事故で、業務上過失致死傷の罪に問われたいわき市、会社役員佐藤剛被告(44)の初公判は27日午後2時から福島地裁で開かれる。

 起訴状によると、佐藤被告は昨年9月6日午前11時ごろ、猪苗代湖でプレジャーボートを操縦。航行先の安全確認を怠り、ライフジャケットを着用し湖面に浮かんでいた千葉県野田市の小学3年、豊田瑛大(えいた)君=当時(8)=ら3人にスクリューを接触させ、瑛大君を死亡させたほか、瑛大君の母親ら2人に重傷を負わせたとしている。

 捜査関係者によると、佐藤被告は、県警の調べに対しては容疑を否認。県警と地検は実際にボートを走らせたり、動画を分析したりするなどして立件した。