福島県内でも大雪 只見で67センチ、金山は43センチ

 
雪が降る中、雪かきをする住民=26日午後2時10分ごろ、只見町

 26日の県内は強い冬型の気圧配置となり、広い範囲で雪が降った。福島地方気象台によると、27日にかけて会津の山沿いを中心に警報級の大雪となる可能性があり、同気象台は大雪による交通障害や屋根からの落雪、建物への被害などに注意するよう呼び掛けている。

 26日午後4時時点の主な地点の24時間降雪量(積雪の深さ)は只見町67センチ(81センチ)、金山町43センチ(50センチ)、南会津町南郷43センチ(56センチ)、檜枝岐村38センチ(70センチ)。

 27日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で会津山沿い60センチ、会津平地と中通り山沿い40センチ、中通り平地20センチ。その後、28日午後6時までに予想される24時間降雪量は会津山沿い50~70センチ、会津平地30~50センチ、中通り山沿い40~60センチ、中通り平地20~40センチ。

 県内では、雪の影響でJR只見線只見―大白川間が終日運休したほか、奥羽線の列車の一部にも遅れが出た。JR東日本によると、27日は奥羽線庭坂―米沢間が正午ごろまで、只見線只見―小出間は終日運休する。