よい年になりますように...中野不動尊で寿餅会 参拝客に元日配布

 
雪が降る中で行われた寿餅会

 福島市飯坂町中野の中野不動尊で26日、年末恒例の「寿餅会(じゅびょうえ)」が行われた。関係者が初詣用の餅「寿餅」をつき、新年の幸せを願った。

 寿餅会は、修行僧がついた餅を健康や無病息災などを祈り故郷の師匠に届けたのが始まりとされる。同不動尊での寿餅会は大正末期に途絶えたが、1992(平成4)年に復活した。

 本田大助(だいじょ)住職、本田大樹(だいじゅ)副住職らが法要を行った後、千本ぎねを使って掛け声を合わせて餅をついた。地元の高校生らも参加した。ついた餅は、福を呼ぶ寿餅として、切り餅にして約2万個を元日午前0時から参拝客に配る。

 中野不動尊では寿餅会の後、すす払いも行われた。ササの葉と竹で作った長いほうきで、本堂や大日堂などの1年分のほこりを払い落とした。

 護摩祈祷(きとう)の時間は元日が午前0時~午後6時、2日以降は午前8時30分~午後5時。「開運中野りんご」を1個22円で販売する。1人5個まで、限定2千個。三が日は十六沼運動公園から初詣シャトルバスを無料運行する。初詣の問い合わせは同不動尊(電話024・542・2100)へ