被告「被害者見えず」 猪苗代湖ボート事故、起訴内容一部否認

 

 会津若松市の猪苗代湖で昨年9月、プレジャーボートで巻き込み児童ら3人を死傷させたとして、業務上過失致死傷罪に問われたいわき市、会社役員佐藤剛被告(44)の初公判は27日、福島地裁(三浦隆昭裁判長)で開かれた。佐藤被告は事故を起こしたことを認め謝罪した一方で「前方や左右を注意していたが、浮いている被害者は全く見えなかった」と起訴内容を一部否認した。

 検察側は冒頭陳述で、佐藤被告の知人で、同じ方向に航行していたボートの操縦者が、佐藤被告が千葉県野田市の豊田瑛大(えいた)君=当時(8)=ら被害者をひいたのではないかと不安に思っていたことや、別のボートの乗員が、被害者に向かって航行する佐藤被告のボートを目撃していたことを明らかにした。弁護側は「(佐藤被告に)事故を起こした認識はなかった。衝突の予見可能性があったか検察の証拠では疑問が残る」と反論した。次回期日は未定。