喜多方市職員罰金10万円 若松簡裁、盗撮目的で女子トイレ侵入

 

 盗撮目的で女子トイレに侵入したとして、喜多方市職員が建造物侵入の疑いで逮捕された事件で、会津若松区検は28日までに、建造物侵入の罪で同市、市喜多方学校給食共同調理場職員の男性副主査(29)を略式起訴した。会津若松簡裁は罰金10万円の略式命令を出した。略式起訴は7日付、略式命令は9日付。市は28日、副主査を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 喜多方署は11月6日、市保健センター1階の女子トイレに侵入したとして、建造物侵入の疑いで副主査を逮捕した。

 市によると、副主査は「人としてやってはいけない行為だった。深く反省している」と話しているという。