別の傷害容疑で69歳男を再逮捕 福島駅西口広場の切り付け事件

 

 福島市栄町のJR福島駅西口広場で80代女性が腹部を切り付けられた事件で、福島署は28日午後1時35分ごろ、別の通行人を切り付けたとして、傷害の疑いで本籍山形県米沢市、住所不定、無職高橋清容疑者(69)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は11月15日午後3時50分ごろ、JR福島駅西口広場で埼玉県の20代会社員男性の右腕を小型ナイフで切り付け、軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、男性は地下通路につながる階段脇の植え込みの縁に腰掛けていたところ、いきなり切り付けられたという。男性と高橋容疑者は面識がなかった。

 その後、高橋容疑者はすぐ近くに座っていた80代女性を襲ったとみられる。男性は高橋容疑者を追い掛け、男子高校生と一緒に取り押さえた。

 高橋容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。同署は男性を切り付けた動機などについて調べている。

 福島地検は28日、女性への傷害容疑については処分保留とした。