「コロナ検査場」29カ所追加 県が整備、1月4日から利用可能

 

 県は28日、新型コロナウイルス拡大時の「ワクチン・検査パッケージ」の活用に向け薬局などに整備した無料検査場について、新たに29カ所で体制を整えたと発表した。検査場は、すでに受け付けを始めている61カ所を合わせ、計90カ所となった。

 29カ所は来年1月4日から検査が可能となる。方部別の内訳はいわきが20カ所、県北と県中が各4カ所、会津1カ所。検査場は健康上の理由からワクチンを接種できない人がパッケージを利用する際、検査を受けるためのもの。感染拡大時に感染の不安があると県が判断した地域の住民も対象となる。

 県はホームページで検査場を公表している。インターネットから「福島県 ワクチン・検査パッケージ」で検索できる。

 ◇ワクチン・検査パッケージ事業者 ▽福島市=TCB東京中央美容外科福島院、ファーマライズ薬局鎌田店、ほうらい薬局、しみず薬局▽郡山市=星総合病院、郡山調剤薬局虎丸店、TCB東京中央美容外科郡山院▽鏡石町=鏡石クリニック▽会津若松市=ファーマライズ薬局飯盛店▽いわき市=くすりのマルト調剤薬局(泉店、いわき市医療センター前店、上中田店、下湯長谷店、川原田店、君ケ塚店、窪田店、高坂店、平尼子店、平五町目店、谷川瀬店、玉川店、つづら店、遠野店、鳥居店、平窪店、洋向台店、林城店)、しがこどもクリニック、まつはし内科クリニック