巨大紙風船に古里描く 南相馬の中高生、富山・雪あかり祭り出展

 
和紙に相馬野馬追などを描いた原町高生徒会のメンバー

 南相馬市の原町高と鹿島、原町一、石神の3中学校の生徒は来年2月11日、富山県南砺市で開かれる「南砺ふくみつ雪あかり祭り巨大紙風船上げ」に出展する作品を制作した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年は生徒たちは現地を訪れないが、子どもたちが南相馬市の姿を描いた紙風船が北陸の空を彩る。当日の様子は動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信される予定。

 紙風船は縦6メートル、横3メートルの和紙4枚に絵を描き、貼り合わせて制作。熱気球のようにガスバーナーを使って飛ばす。このうち原町高生徒会のメンバーは相双地方の伝統行事相馬野馬追などを描いた作品を作り上げた。

 南相馬、南砺両市は災害時相互応援協定を結ぶなど交流を深めている。