ロボットの操作に夢中! 郡山市ふれあい科学館で体験イベント

 
ロボットサッカーに挑戦する子どもたち

 産業用などのために開発されたロボットを使ったタイムアタックとロボットサッカー操作体験は28日、郡山市ふれあい科学館(ビッグアイ22階)で始まり、子どもたちがロボット操作を楽しんでいる。30日まで。パイプロボット普及協会、ロボットゆうえんちの開催協力。

 タイムアタックは、配管点検用に開発されたロボットを使用。パイプの中をモグラのような動きで進むロボットを操作して速さを競う。ロボットサッカーは、人形の小型ロボットを操作してシュートを決める。

 ロボット操作に挑戦した子どもたちは、はじめのうちは上手に操作できずに悪戦苦闘していたが、次第にこつをつかんでロボットを上手に操り楽しんでいた。
 時間は午前10時~午後4時30分。入場無料。問い合わせは同科学館(電話024・936・0201)へ。