香りや味にこだわり...新感覚ドリンク開発 福島出身2人の合同会社

 
華雨、慈雨、翠雨の3種類の飲料

 福島市出身の2人が共同代表を務める同市の合同会社「SHINRA(シンラ)」は、香りや味わいにこだわった新感覚の飲料を開発した。共同代表は三嘴(みつはし)光貴さん=東京都在住=(30)と佐藤大智さん(30)=横浜市在住=で、2人は「飲んだ人が驚きや感動を味わえるような飲料をつくりたい」と話す。

 開発したのは花の気品ある香りとレモンの酸味を利かせたジンジャエール「華雨(かう)」と、ハーブやかんきつ、スパイスが織りなす繊細な香りが特徴のクラフトコーラ「慈雨(じう)」、ホップの味わいを楽しめるノンアルコール飲料「翠雨(すいう)」の3種類で、炭酸水や紅茶などで割ったり、アイスクリームにかけたりして楽しむ。

 3本セットで5270円(送料別)。公式サイトから購入できる。

 約3年前に東京都で出会った2人は、同郷だったこともあり、すぐに意気投合。お酒に弱いという佐藤さんの「誰もが楽しめる飲料をつくりたい」との案で商品化に動き、昨年10月に合同会社を設立した。

 2人は古里の産品を使った商品開発の夢を描いており、三嘴さんは「まだ見いだされていない福島の魅力をドリンクから広めたい」、佐藤さんは「県産の果物を使ったドリンクの開発に挑戦したい」と語る。