福島県内12月31日から大雪の恐れ 中通り平地で10センチ予想

 

 強い冬型の気圧配置となる影響で、県内は31日昼前から元日にかけて会津の山沿いを中心に大雪となる所がある見込み。福島地方気象台は大雪による交通障害や屋根からの落雪、建物の被害などに警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、31日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で会津山沿い50センチ、会津平地と中通り山沿い20センチ、中通り平地10センチ。その後、1日午後6時までに予想される24時間降雪量は会津山沿い40~60センチ、会津平地と中通り山沿い20~40センチ、中通り平地10~20センチ。

 浜通りは初日の出も

 初日の出は浜通りでは雲の隙間から見ることができる場所が多い見通し。中通りでも一部見える場所はあるが、会津では見るのは難しい見込みだという。