高齢者世帯におせち食材お届け 若松、「明るい気持ちで正月を」

 
食材の詰め合わせ作業を行う会員ら

 会津若松市のふれあいまちつくり湊町推進協議会は30日、同市湊地区の高齢者世帯に明るい新年を迎えてもらおうと、おせちの食材を届けた。

 会員らは配布前にかまぼこや黒豆、昆布巻きなどの食材の詰め合わせ作業を行い、各世帯に向かった。75歳以上の2人暮らしと70歳以上の1人暮らしの計78世帯に配布し、詰め合わせには湊小の児童が書いた手紙を添えた。

 佐藤公会長は「地区内には昔からの知り合い同士が多く、お互いに助け合う気持ちがある。皆さんに明るい気持ちで、正月を迎えてもらえれば」と話した。