会津の山沿い中心に大雪警戒続く 太平洋側も恐れ

 
自宅周辺の除雪に追われる住民=31日午後、柳津町

 強い寒気が流れ込んだ影響で、31日の日本列島は、日本海側を中心に大雪となった。強い冬型の気圧配置は元日にかけても続く見通し。北日本(北海道、東北)や北陸では雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけになりそうだ。日本海側だけでなく太平洋側でも大雪となる地域があるとし、気象庁は引き続き、積雪や路面凍結による交通障害、暴風雪、高波に警戒を呼び掛けた。

 元日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い場所で、関東甲信、北陸70センチ、東北60センチ、近畿、中国40センチ、東海30センチ。元日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は、北海道、北陸20メートル(35メートル)、東北18メートル(30メートル)で、波の高さは東北、北陸で6メートルの見通し。

 県内は元日の夕方にかけて会津の山沿いを中心に大雪になる見通し。福島地方気象台は大雪や風雪による交通障害や屋根からの落雪、建物の被害などに注意を呼び掛けている。

 気象台によると、元日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で会津山沿い60センチ、会津平地と中通り山沿い30センチ、中通り平地20センチ。