ブレンド日本酒を企画 喜多方商議所青年部、12日の初市で販売

 
3蔵元の日本酒をブレンドし味を確かめる4人

 会津喜多方商工会議所青年部は12日、喜多方市のレトロ横丁商店街(ふれあい通り)で開かれる小荒井初市で販売するため、喜多方の酒をブレンドした新しい日本酒づくりに取り組んでいる。

 新年を迎える初市で、新しい縁起物を販売しようと同青年部が企画した。初市出店を担当する委員会のメンバーである峰の雪酒造場の杜氏(とうじ)佐藤健信さん、大和川酒造店の杜氏佐藤哲野さん、喜多の華酒造場の蔵人星花英さんと、利き酒師の資格を持つ「しんたに」の新谷正樹さんが峰の雪酒造場に集まり、3蔵元の人気銘柄「大和屋善内」「弥右衛門」「蔵太鼓」のしぼりたて新酒をブレンドした。

 4人は「新酒をブレンドする商品は珍しい。華やかで、キレのある日本酒ができると思う」と話す。新しい日本酒の名前は「御神酒(おみき)」(720ミリリットル入り1500円)。小荒井初市で100本限定販売される。