年賀状配達「真心込め確実に」 福島中央郵便局、雪の中100人出発

 
雪の中、年賀状の配達に出発する配達員=1日午前8時半ごろ、福島中央郵便局

 年賀状の配達が1日、県内各地の郵便局で始まった。昨年と同様、新型コロナウイルスの収束が見えない状況が続き、家族や友人への会いたいという思いを託した年賀状が届けられた。

 福島市の福島中央郵便局では同日、元旦配達出発式が行われ、乙坂覚局長や木幡浩市長らが配達員約100人の出発を見送った。乙坂局長は「一通一通真心を込めて確実に届けてほしい」と局員に呼び掛け、木幡市長は「雪の道中に気をつけて」とエールを送った。

 日本郵便東北支社によると、県内では元日に約1315万通(前年比144万通減)が配達された。