トラに餌付け「優しく食べてくれた」 東北サファリパーク

 
寅年の始まりにトラに餌付け体験をする来場者

 二本松市の東北サファリパークで1日、トラやライオンに餌付けできるイベントが始まった。初日から家族連れらが詰め掛け、今年の干支(えと)トラと間近に触れ合った。

 寅(とら)年にちなみ、冬場に初めて実施した。先着で1日15組まで薄茶色のゴールデンタイガー「ステラ」(雌、10歳)や、ホワイトタイガー「マリン」(雄、6歳)などに餌付けできる。

 初日は13組が参加し、先端に肉を付けた棒をおりに差し入れて餌を与えた。ステラが後ろ足で立ち上がって餌にかじりつくなどの雄姿を見せた。家族5人で来場し、ステラに餌をあげた郡山市の鈴木大誠君(7)は「優しく食べてくれた。肉球もはっきり見えて楽しかった」と話した。