新たな一年に期待込めて初詣、福島稲荷神社 分散参拝呼び掛け

 
新年に期待を込め手を合わせる参拝客=1日、福島市・福島稲荷神社

 福島市の福島稲荷神社は、12月31日から多くの参拝客を迎えた。1日午前0時を迎えると参拝客は手を合わせ、新たな1年に期待を込めていた。同市の会社員山田剛斗(たけと)さん(21)は「新型コロナウイルスが収まり、自由に旅行ができる年になってほしい」と話した。

 同神社は感染症対策として出店の数を減らすなどしており、分散参拝を呼び掛けている。