雪化粧の城下町を眺望 鶴ケ城「元旦登閣」、縁起めしべらも配布

 
「縁起めしべら」を受け取る来場者=1日、会津若松市・鶴ケ城

 会津若松市の鶴ケ城で1日、天守閣に登る毎年恒例の「元旦登閣」が行われ、新年を祝う来場者でにぎわった。

 来場者は、天守閣5層まで登り、雪化粧をした城下町の眺望を楽しむなどしていた。天守閣入り口では、今年の干支(えと)の「寅(とら)」などの焼き印を押した「縁起めしべら」が先着5千人に配布された。

 家族で訪れた会津若松市の中島恒雅(こうが)君(8)=松長小3年=は「もらっためしべらは玄関に飾る。今年はスキーを上手に滑れるようになりたい」と笑顔で話した。