「悔いなく精いっぱい生きていく」 三島、成人式で新成人が誓い

 
新成人を代表し誓いの言葉を述べる片山さん(手前)

 三島町は2日、同町民センターで延期していた成人式を行い、新型コロナウイルス対策が講じられる中、新成人12人のうち11人が式に臨んだ。

 参加者を新成人と主催者に制限し、式典と写真撮影のみとした。新成人者は当日までの8日間の体調チェックと、抗原検査キットによる2日前の自主検査を行った。

 式では矢沢源成町長が新成人に成人証書を手渡し「謙虚な姿勢が必要。社会のために活躍してほしい」と式辞。新成人代表の片山寧々さんが「それぞれの人生を悔いることのないよう、精いっぱい生きていこうと思う」と誓いの言葉を述べた。