須賀川市が市税など納付用セルフレジ導入 福島県内初

 
運用が始まったセルフレジ

 須賀川市は5日、市役所内で市税などを納付できるセルフレジの運用を始めた。市によると、税金納付用セルフレジの導入は県内で初めて。

 市が発行した納付書をレジで読み取り、現金で納付する仕組み。市県民税や固定資産税、介護保険料などの納付に対応している。平日の午前8時45分~午後5時に利用できる。昨年12月1~28日に試験運用をした上で稼働。市は、窓口での納付に比べて市民らの待ち時間を短縮できるほか、非対面のため新型コロナウイルス感染症などの拡大防止につながると見込む。