内堀知事が危機感「東京や東北でも」 新型コロナ・オミクロン株

 

 全国知事会は6日、新型コロナウイルス対策に関するオンライン会合を開き、国への要請書をまとめた。感染拡大時でも行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ制度」に関し、感染力が強いとされるオミクロン株の特性を踏まえて見直すよう求めている。

 内堀雅雄知事は全国知事会新型コロナウイルス緊急対策本部長代行として出席し、緊急要請の内容を説明した。会議終了後、内堀知事は県庁で報道陣に対し「オミクロン株による感染拡大は西日本が主戦場だが、今後、間違いなく東京、東北でも相当の拡大が見込まれると考えている」と述べ、危機感を示した。

 内堀知事は現在の県内の感染状況について「年末年始の人流拡大をきっかけとした、デルタ株がベースの感染」と分析。ただ「ここにオミクロン株による劇的な感染拡大が加わると、沖縄、山口、広島のような状況も人ごとでなくなる」と述べた。その上で県民に対し、会話時のマスク着用や手指消毒、換気など、基本的な感染防止策の徹底を呼び掛けた。またオミクロン株の感染力などを踏まえ、医療提供体制について検討していることを明かし「7日の県感染症対策本部員会議で方向性を示したい」と述べた。