新型コロナ感染者7割がワクチン未接種 12月の福島県内

 

 福島県は7日の県感染症対策本部員会議で、昨年12月に新型コロナウイルスの感染が確認された36人のうち、72.2%に当たる26人がワクチンを接種していなかったと明らかにした。

 接種の非対象者(12歳未満)を除いても18人が未接種だった。一方で、36人のうち9人は2回目接種後、14日以上経過していた。感染経路は「家族」が47.1%と最も多く、次いで「知人」の8.3%だった。内堀雅雄知事は「未接種者の1回目、2回目の接種が可能なので、積極的な接種を検討してほしい」と呼び掛けた。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況